ボドゲチャレンジ1000

スタッフブログ

先日、年間ボドゲを1000個(1000種類)プレイするというツイートをしたところ、リプやリツーイトで応援して頂けました。
ボドゲ界は優しい人多いなぁと嬉しかったです。

概要はこちらですが、かなり走り書きだったため、しっかりとルールを考え直しました。
私一人ではなく、多くの人と楽しめる企画になるルールを考えてみました!

ボドゲチャレンジ1000のルール

まず、一番核になるルールは、

年間1000種類のボードゲームをプレイする!です。

自分の経験値を上げるために、必ず達成したいですね。

プレイしたゲームはボドゲーマのページで管理します。
視える化大事、誰かに見られていることで、良い意味でプレッシャーにもなります。

たかはしの経験したボードゲーム(ボドゲーマ)

そして、プレイしたゲームが1000個に達しなかった場合は、
未達分×1000円分のボドゲをプレゼントします!

例えば、600個しかプレイできなければ、
400×1000円=40万円分のボドゲを配ります!

懸念点とマイルストーン

これを宣言することで、ボドゲチャレンジ1000を達成しやすくしたいのですが、
失敗したときにプレゼントする。となると、周りの方には失敗する方に動くモチベーションを与えてしまいます。

ボドゲ界(や周りの方)には、親切な方が多いので、手助けをしてくれる方は多いと思うのですが、
もっと気持ちよく手助けをしてもらえる方法はないかと考えました。

途中経過のゴール(マイルストーン)を設けて達成出来たら、プレゼントすればいいかなと思います。

具体的には、
毎月50個ボドゲをプレイできたらマイルストーン達成。
その月に1番面白かったボドゲを1つプレゼントします。

毎月50は正直足りません。
このペースだと600個です。
個人的な話ですが、9月~12月は忙しくなるので、前半はペースを上げる必要もあるのですが、、、

マイルストーンが毎回達成できませんでした。という悲しい報告ばかりだと気が滅入りそうなので、達成しやすいゴールを設定しました。
といっても、後半になると50個も大変かもしれませんね。

応募方法

毎月マイルストーンの達成状況をTwitterで報告します。
そちらのツイートをリツイート&たかはしのアカウントフォローをしていただければ、応募完了です。

ベタな方法ですが、沢山リツイートしていただけると私のモチベーションも維持されるかなと思います。

もう少し詳しいルール

どこまでをボドゲとしてカウントするかなど、詳しいルールを考えてみました。

対象になるボードゲーム

しりとりやマルバツゲームなど簡単なゲームも含めるとだいぶ楽なんですが、それだけボドゲ経験値を上げることが達成できない気がします。
そこで、ある程度有名なボードゲームに限定するために、ボドゲーマに登録されているボードゲームだけを対象とします。

海外のボドゲで登録されていないものなどは、自分でページを作成して登録します。

同人作家さんのゲームもボドゲーマには多く登録されているので、その点は安心しています。
同人ゲームも好きなので。

拡張は1個としてカウントします

拡張を含めるとゲーム性が変わることもあるので、それは別のゲームとしてカウントしてもいいかなと思います。
拡張もやってみたい!というモチベーションになるのが、一番の理由です。

ソロプレイに関して

1人専用のゲームはカウントします。
コーヒーロースターやシェフィなど。

多人数でできるけど、オートマのついているゲームはソロプレイをカウントしません。
理由は複数人でやる楽しさが分からないのは、目的と異なるためです。

そもそも、オートマを使ったソロプレイがあまり好きではないという理由もあります。

BGA・アプリは含めない

BGAやアプリでやったボドゲを含めるとかなり楽なんですが、デジタルでやったボドゲは含めないことにします。
理由は何となくです。

BGAやアプリはボドゲなのか?という議論をするつもりはなくて、
お釜で炊いたご飯しか食べない!という頑固者の発想です。

マダミス・TRPGは含めない

ボドゲ界隈の方はマダミスやTRPGにも興味のある方が多いと思いますが、純粋にボドゲをプレイした数だけで挑戦してみたいので、今回はマダミスやTRPGは含めないことにします。

その他

他に細かいルールがあれば、追記していきます。
基本、ボドゲーマに登録しているもの。で、大丈夫な気はするのですが。

ご協力をお願いします

年間1000種類のボドゲをプレイすることはできるのか?
まったく想像もつきませんが、できるだけ多くボドゲを楽しみたいです。
ボードゲーマーが年間どのくらいボドゲを遊ぶのかも興味のあるところです。

同卓していただいた方は、たかはしのボドゲチャレンジ1000のために、遊びたいボドゲに配慮していただく必要はありません。
まずは純粋にボドゲを楽しむことを優先して欲しいです。

もしも「何でもいーよ」ということでしたら「これやってもいいですか?」と聞かせてもらうかもしれません。
その時は、お付き合いいただけると幸いです。

また、遠方の方は同卓の機会がないかもしれませんが「そんなことやってる人もいるのね」と少しでも興味を持っていただけたら、
「いいね」など頂けるとモチベーションの維持につながりますので、めちゃくちゃ励みになります!

今日の時点でまだ4個しか遊んでいませんが、年末には達成報告できるように頑張ります!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の記事

  1. 【9/11更新】時短営業中の営業日について

  2. #ボドゲチャレンジ1000|7月の活動まとめ

  3. #ボドゲチャレンジ1000|6月の活動まとめ