お客様とスタッフがボードゲームを遊ぶことについて

お知らせ 未分類

先日のブログ「コロナ禍の中、ボドゲカフェを3カ月営業して」でも少し触れましたが、
227では、スタッフがお客様とボードゲームができるように風営法(1号)の取得を進めてまいりました。

サポートをしていただいた方々のおかげで、10/1をもって風営法1号の許可を得ることができました。
今後227では、お客様とスタッフがボードゲームで遊ぶことができます。

できるようになりましたが、しっかりとルールを決めるべきだと考えます。

というのも、風営法1号とは、キャバクラやホストクラブが取得する許可です。
社交飲食店と呼ばれる施設で「店員等がお客様と同席し長時間の談笑をする」ことができる許可です。

キャバクラやホストと同じことができるなら、管理しないとキャバクラやホストのようになってしまう。
という危惧があります。

227では、女性スタッフも働いています。
また女性も安心して遊べる場所を目指しています。

227がキャバクラやホストの雰囲気にならないように、
お客様とスタッフが遊ぶのにルールを設けることにしました。

お客様とスタッフが遊ぶ際のルール

・基本的にはご相席をオススメします

もともと、お客様とスタッフが同じテーブルでボードゲームをできるようにした理由は、
おひとりでいらしたお客様が相席できなかった時、ボードゲームができない」を避けるためです。

ご相席希望のお客様が集まるまで、スタッフとボードゲームをしてお待ちいただける
ようにするためです。

なので、お客様同士のご相席ができる場合は、スタッフとではなく、お客様同士で遊ばれることをオススメいたします。

・スタッフの指名はできません

あのスタッフと遊びたい。と思っていただけるのはとてもありがたいのですが、
混雑状況によっては他お客さまへの対応、キッチンでの調理などもあるため、比較的手の空いているスタッフが対応をさせていただきます。
どのスタッフとボードゲームで遊ぶかの指名はできません。

・途中で席を抜けることがあります

繰り返しになってしまいますが、
混雑状況によっては他お客さまへの対応、キッチンでの調理などをスタッフは担当いたします。

ゲームの途中でスタッフが席を外させていただくことがございます。
ゲームを抜ける際には、できる限りゲームが止まらないように配慮いたしますが、どうしてもゲームを止めてしまうことがあります。
予めご了承のほどお願いいたします。

色々と書いてしまいましたが、

・おひとり様や、ゲームの人数が足りない時、スタッフがゲームのお相手をさせていただきます。
・手の空いているスタッフがゲームに参加させていただきますので、スタッフの指名はできません。
・混雑状況によっては、スタッフが途中で抜けることがあります。

というルールでしばらくは営業してまいります。

おひとりで遊びにいらしても、
ご相席のお客様がいらっしゃらなくても、
スタッフがボドゲのお相手をいたします。

ちょっとボドゲしてから帰りたいな。
と思ったら、227にお立ち寄りください。

ゲーム好きのスタッフがお待ちしております。

構想中のこと

せっかくスタッフがゲームに参加できるので、
スタッフも参加できるゲーム会を企画できればと考えています。

例えば、重ゲ会を企画して、人数が集まらなくてもスタッフが一緒にできますよ。
というのは、お客様も安心して参加できるのかなと思います。

こちらは近々Twitterでご案内できる予定です。
デッドオブウインター、東京サイドキック会開きたいなぁ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。